┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃□■□                                       ┃ ┃             宇久田進治の 伝 言 板          ┃ ┃                                     ■□■  ┃ ┗━━━━━━━━━━┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┳━━┛
           ┃┃                        ┃┃            ┗┛                        ┗┛ ―――――――――――――――――――――――――――――――― お伝えしたいこと、聞いて欲しいこと、チャレンジして欲しいこと・・・など、税理士の宇久田進治が勝手に発信しています。もし何かのお役に立てていただければ嬉しいです。 話材は、経済・経営、教育・健康、相続・法律、家庭・・・雑多なことがらを、自分の言葉でお伝えできればと思います。

■配信登録はこちらから  http://www.mag2.com/m/0001664133.html

2021/4/13

 

 NO.0279

────────────────────────────────

■経済成長と地球環境問題は両立するか ?

────────────────────────────────

 土地開発は、観光、鉄道、住宅、工場など多くの発展に寄与し、経済

成長に著しく貢献した。

 反面、過度な開発は地球環境を著しく破壊した。

 

 今、取り返しのつかないところまできてしまって修復困難といったと

ころだ。

 土地開発と同時に自然環境を壊し、自然の生態系をゆがめ、それが故

の復元のため各地で努力を続けている矛盾。

 

 開発による経済発展と、安心して住める地球環境は両立するのか?

過去はほとんど環境問題を無視して開発に突進した。公害問題も似たよ

うなものだ。

 

 しかし、汚染水でよごれた河川に魚が戻ってきたと喜ぶ地方の話を耳

にすることもある。

 

 では開発は否と言えるか。今、エネルギー問題で原発の是非が問われ

ている。

 

 私は、エネルギー不足をどうしても原子力に頼らざるを得ない、ゆえ

に原発再稼働の大儀はないと思う。原発はやはり止めるべき、いかに開

発がおくれようとも。

 

 成長発展と開発は同義語か?自然エネルギー開発は成長発展にも大い

に通じる。

 開発(デペロップメント)は成長の礎でもあり、経済発展になくては

ならない。

 

 乱開発となったらこれは次世代に申し訳が立たない。今、この売らん

が為の乱開発を目にする。

 

 しかしこれから迎える低成長、成熟経済、人口減小を思うと、所謂経

済成長を止めてでも地球を整える、やさしく守る方に舵を切らねばなら

ないのではないか。と私は思う。

 

 コロナ禍にあって、考えることしきりである。

 

相続のご相談

会社設立のご案内

宇久田進治税理士事務所

所在地

251-0042
神奈川県藤沢市辻堂新町1-1-2
クロスポイント湘南 6F
(JR東海道線 辻堂駅 徒歩1分)

※お客様用駐車場は、辻堂ニューパーキングNo.49~50(北東側端から2台。地図はコチラ)満車の際は、恐れ入りますが近隣の有料駐車場をご利用ください。